井戸水を飲んでいた人の体験談

20年ぐらい田舎で育ち都会の水道水をのんでみたら・都会と田舎のお水の違い

田舎のお水と同じ美味しさを味わえます

私は、小さい頃から20年ぐらい、田舎で育ちました。その時毎日飲んでいた井戸水はとても冷たく、お水とは思えない美味しさがあったのです。家庭で料理を作るときにも、井戸水は役に立っていました。井戸水で炊くご飯はとても美味しく、当時はどこの地域でも、これが当たり前の味だと思っていました。

都会暮らしをして分かったこと

私は就職の為、都内へ引っ越しをしました。その時、いつも飲んでいる薬を水道水で飲もうとしたら、私が今まで飲んできたお水と比べると、お水の色が違いました。育った環境のお水と色が違うと、どうしても抵抗があり、臭いも気になったのです。私のアパートだけ、水道に何か問題があるのかと思い、しばらくはペットボトルのお水を飲んでいました。

ウォーターサーバーという存在

私は仕事も始まり、会社の水道水なら大丈夫だろうと思い、試しに会社の水道水を飲んでみました。すると、やはり田舎暮らしだった私の口には合わず、都会と田舎のお水の違いが分かったのです。帰りにショッピングモールで、ペットボトルのお水を買おうとしていたら、ウォーターサーバーというものがキャンペーンで安く販売されていたのです。これなら毎日ペットボトルの量を気にせず、美味しいお水が飲めるし、料理にも使えそうだと思い、購入しました。

懐かしい美味しいお水

後日、サーバーを家に設置し、お水を飲んでみました。すると、実家で飲んでいたような、冷たくて、美味しいお水だったのです。これでやっとペットボトルの量も気にせず、毎日いつでも井戸水のようなお水が飲めることに感激しました。私は、その日の夜から料理にもウォーターサーバーのお水を使ったり、お風呂上がりなどに、たくさんお水を飲みました。白湯が飲みたい時には、ウォーターサーバーからお湯も出るので、お湯を沸かす必要もなく、飲むことが出来るようになったのです。

お水は定期的に配達してくれるので、ペットボトルのように重たい買い物をしなくて済むようになりました。更に値段も安いので、都会のお水が口に合わない人や、赤ちゃんのミルクを作るときなども、ウォーターサーバーは非常に便利だなと思いました。