赤ちゃんが塩素の影響を受けないか心配だったママの体験談

赤ちゃんが大きくなっても便利なウォーターサーバー・赤ちゃんの安全のために導入しました

赤ちゃんが生まれて飲み水の安全を考えるように

今まで飲み水のことなんて考えた事もなく、普通に料理には水道水を使っていましたし、飲み水は買ったミネラルウォーターを利用していました。ですが、赤ちゃんが生まれてみると、可愛いわが子の口に入るもの肌に触れるものすべてが、安全かどうかという視点で見えてくるようになります。ミルクを作る水は、ミネラルウォーターよりも軟水の水道水の方がいいと言われているものの、どうしても塩素などが気になっていました。

ピュアウォーターのウォーターサーバーを知る

そんな時、不純物が一切入ってない、ピュアウォーターが飲める家庭用のウォーターサーバーがあるという事を知りました。ピュアウォーターならミネラルが多すぎるという事はありませんし、消毒の塩素なども入っていませんから、赤ちゃんでも飲める安全な水です。
それがウォーターサーバーで手軽に飲めるという事で、赤ちゃんにとって最適なのはもちろん、コックをひねれば冷水と温水が出てくるのでミルク作りの手間が省けるということでした。

料理の味を変えないピュアウォーター

ピュアウォーターは料理の味を変えないという特徴があるんですが、ピュアウォーターで作った料理を食べて初めてその意味がわかりました。食材がもつ本来の美味しさがそのまま味わえて、水の違いでここまで美味しさが変わるのかと驚いてしまったくらいです。料理が美味しいと食がすすんで、他の水より足りないミネラルなんてすぐに補えるでしょう。はやくこの子のためにもピュアウォーターで離乳食を作ってあげたいです。

キッチンでの作業がスムーズに

ウォーターサーバーを設置したところ、ミルクを作るほかにも、煮沸消毒用にお湯をすぐ用意できるので時間短縮できますし、料理にも手軽に使え、そしてもちろん飲みものも冷蔵庫よりウォーターサーバーを利用する事が多くなりました。そのため、冷蔵庫に飲み物を置く必要がなくなり、食材を前よりもたくさん詰め込めるようになったんです。おかげで買い物の回数が減って、赤ちゃんとゆっくりできる時間も増えました。ウォーターサーバーは子育てママの味方だと思います。